メディカル葵出版

眼科診療のための分子生物学入門

眼科診療のための分子生物学入門

監修 木下 茂(京都府立医科大学)
執筆 山下 英俊(東京大学)、谷原 秀信(京都大学)
坂本 泰二(九州大学)、西田 幸二(京都府立医科大学)
定価 7,128円(本体6,600円+税)
体裁 B5判 総 202頁 図・表・写真 (カラー・モノクロ)102点

品切れ


内容目次

I 基礎編
1.はじめに/2.遺伝子情報の本質/3.転写と翻訳/4.遺伝子の構造(エキソンとイントロン)/5.遺伝子の組み換え/6.遺伝子クローンニングの理論/7.蛋白化学の原理/8.遺伝子病とは
II 手法編
1.制限酵素/2.PCR(遺伝子増幅技術)/3.in situ ハイブリダイゼーション/4.ノーザン・サザンプロット法/5.ウエスタン法/6.ライブラリの作製とクローニング/7.シークエンス法/8.遺伝子変異の検出/9.病原体ウィルスの同定
各項目ごとに、「基礎知識のワンポイントアドバイス」「データベース」を記載
III トピックス
1.遺伝子治療/2.サイトカイン/3.増殖因子/4.アポートシス/5.分子免疫機構/6.創傷治癒/7.細胞接着分子/8.転写調節と細胞周期
IV 眼科診療への応用
1.角膜・結膜疾患(ウィルス感染症のDNA診断/角膜変性症の遺伝子)
2.水晶体水晶体蛋白/白内障の病因/白内障の治療)
3.緑内障(緑内障とは?/緑内障に対する分子遺伝子学的研究/緑内障における神経節細胞死の分子機構/房水流出路の細胞外マトリックス代謝/遺伝子治療への可能性)
4.網膜・硝子体疾患の病態とサイトカイン、増殖因子(網膜循環障害と血管新生/加齢性黄斑変性症/結合組織性増殖膜の形成/新しい治療薬を求めて)
5.網膜変性疾患(疾患原因遺伝子の染色体マッピング/網膜変性疾患の原因遺伝子解明の歴史/網膜色素変性症の疾患原因遺伝子解明と遺伝子診断/網膜変性疾患に対する病態解明と遺伝子治療)
6.ぶどう膜炎(分子生物学的手法を用いたぶどう膜炎の新しい治療/ぶどう膜炎の病因の研究/ぶどう膜炎の治療)
7.腫瘍(悪性リンパ腫/網膜芽細胞腫)
8.屈折(遺伝の問題/近視の研究)
<データベース一覧>
●ザ・制限酵素 ●PCR反応の手順と必要な機器・試薬●これだけあれば、in situ ハイブリダイゼーションができる●これだけあれば、ノーザン・サザンプロット法ができる●これだけあれば、ウェスタン法ができる●ザ・クローニング(キッ ト)●これだけあれば、遺伝子情報を読める●SSCPとDGGEに必要な機材と試薬●病原体ウィルス同定に必要な機材と試薬